MENU

健康・美容の専門家として確かな結果を出す腸もみセラピースクール 「ここ・からラボ」

健康・美容の専門家として
確かな結果を出す腸もみセラピースクール

施術料金の決め方

2020.2.6

施術料金の決め方

腸もみセラピーに限ったことではないのですが、施術料金を決めるときって結構悩みますよね。
 
 
同業他社さんや近隣の類似業さんの料金を参考にさせていただいたり。
ネットで検索して相場価格を調べたり。
 
個人サロンである以上、言い方はよくありませんが「言い値」ですから。
どんな設定にするかも自分次第です。
 
 
わたしもこれまで何度も料金の改定をしてきました。
サロンの移転をきっかけにしたり、新しい技術を取り入れるタイミングであったり。
少しずつですが、自分と来てくださるお客様の層に合わせて変更してきました。
 
 
 
その際、意識していたことは二つ。
 
 
 
一つは、どんなお客様に来ていただきたいか。
いわゆるターゲット層ですね。
 
地域だったり、年齢だったり、求められる「結果」に見合った料金を設定しないと、双方の意識にずれが生じてしまいます。
そうするとなかなか集客もままならず、思い通りの経営ができない状態になりますので、大切なポイントと意識してきました。
 
 
 
もう一つは意識を保てるかどうか。
 
施術料金をいただくということは、それ相応の効果をお客様にお返しできる内容でなければなりません。
あまり安価に設定すると自分のやる気も失いますし、お客様の期待も薄いので効果が表れにくくなります。
 
だからといって高すぎる設定だと、そもそもお客様が来られませんしね。
 
丁度いいのは、自分的に多少の緊張感が出る、少し背伸びしたくらいの価格設定かと思います。
 
「これだけの料金をいただくのだからいい結果を持って帰っていただきたい」という意識を持てるし、お客様もそれ相応の覚悟でお越しくださいますので、双方ともに高い意識設定で施術を行うことができます。
どちらか一方の意識だけで盛り上がっても、施術効果はうまく上がりません。
 
 
お金のやりとりはエネルギーの交換です。
 
そういうことも意識したうえで、施術者、お客様ともに少々高揚感が得られる施術料金の設定がおススメですね。
 

アーカイブ